Marshall MINORⅡ BLUETOOTH レビュー

ファッション

通勤、通学を快適にするアイテム…それは「イヤホン」。最近では様々なメーカーが出品していますが今回Marshallのイヤホンをご紹介。そして今回ご紹介するMarshall MINORⅡ BLUETOOTHは、マーシャル初のワイヤレスイヤホンです。「イヤホン」と言えば、AirPodsを使用している人が多いと思いますが、ギターを趣味にしている筆者としてはぜひMarshallの音聴いてみたくなりました。参考までにご覧ください。

Marshall

出典:marshallamps_uk

Marshallはアンプメーカーの一つです。ジム・マーシャル氏が楽器店を開きアンプの修理を行ったことが始まりです。最初に開発した「JTM45」は現在のモデルのように激しく歪む音ではなく、参考にしていてたFenderのアンプに近いサウンドだったそうです。ロックミュージックの変化とともに強い歪みが必要になり、現在のサウンドに変化しました。

名だたるアーテイスト達がマーシャルのアンプを使用しています。ジミ・ヘンドリックス、ジェフ・ベック、アンガス・ヤング、他にもたくさんの人に愛されているメーカーです。
今ではアンプだけでなく、キャビネット、ヘッドフォン、バック、財布なども販売しています。

Marshall MINORⅡ BLUETOOTH

デザイン

Marsahllの刻印がされているコントロールノブ、これだけでしびれます。一番目立つイヤーピースには頭文字のMが金色に輝き洗練されたデザインとなっています。マーシャルのアンプを彷彿させるデザインになっておりカッコいいです。手触りの良いラバー素材により耐久性も優れており、コンパクトなサイズです。なので旅行はもちろん普段持ち運ぶのも容易です。

12時間のワイヤレス再生

MINORⅡ BLUETOOTHは、1回2時間のフル充電で12時間のワイヤレス再生を可能とし、充電を気兼ねなく音楽を楽しむことができます。また急いでいる時などは、クリックチャージ機能によって、僅か20分間の充電で2時間再生も可能です。バッテリー残量が低下するとバッテリー電力低下のアラート音が鳴り教えてくれます。ちなみにAirPotsは連続再生5時間です。

オリジナル・カスタムドライバ

MINORⅡ BLUETOOTHは、14.2mmのカスタムチューニングされたドライバを搭載しており、他のワイヤレスイヤホンとは違うMashallらしい迫力のあるサウンドを体験することができます。

イヤーフィットシステム

MINORⅡ BLUETOOTHはにはイヤーフィットシステムがあり、人間工学に基づいて装着を最適化するために、調整可能なループによって誰にでもフィットするように設計されています。

BLUETOOTH 5.0 APTX

aptXテクノロジーを搭載したBluetooth5.0は、約10メートルの範囲でワイヤレス接続が可能で、快適かつ便利性が実現されています。

マグネット接着機能

これは他のイヤホンにはない機能で、左右のイヤーピースをマグネット装着すると、自動的に音楽を一時停止してくれる優しい機能です。また、6時間使用すると、自動的に低エネルギースタンバイモードになります。

通話機能

MINORⅡ BLUETOOTHは、通話機能も搭載されています。コントロールノブでワイヤレス応答、拒否、終了ができます。内臓のマイクを使用すると、会話はもちろんボイスメモの録音が可能になっています。

MINOR II BLUETOOTH

まとめ

マーシャル初のワイヤレスイヤホン。マーシャルのアンプを彷彿させるデザインになっており非常にカッコイイ!2時間のフル充電で約12時間も再生可能。もし充電が切れたとしても僅か20分の充電で2時間も再生ができるのが利点でもあります。通話も可能でマイク付き。何より、Marshallらしい重低音は気持ちがいいです。ギター、ベースなどは迫力のある音でクリアに聴こえます。ロックバンドミュージックを聴くならもってこいのイヤホンだなと感じました。ぜひ音質にこだわりを持っている方はMarshall MINORⅡ BLUETOOTHがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました