群馬県 グルメ おすすめ和菓子 元祖 呑龍山田屋 本店 焼きまんじゅう

グルメ

群馬のソールフード!群馬と言ったら焼きまんじゅう!焼きまんじゅうと言ったら群馬と言われるほど!お店の近くは焼きまんじゅうのタレの香ばしい香りが食欲をそそる。オリジナリティのある四角いまんじゅうが特徴で、まんじゅう界では有名。今回は焼きまんじゅう 元祖 呑龍山田屋 本店をご紹介します。

元祖 呑龍山田屋 本店

創業150年以上の歴史を持つ、山田屋。創業当初は、麹の製造販売が専門でした。3代目から和菓子作りを始めました。ケンミンショーや太田市を題材にした映画の撮影でも使われています。

焼きまんじゅうの歴史

そもそも、蒸したおまんじゅうを甘い味噌ダレをつけて焼いて食べる郷土料理です。群馬県は小麦生産が盛んなこともあり、昔から二毛作による冬季の麦作が盛んで、おっきりこみや麺類の小麦粉食品が好まれていた背景がある。そのこともあってか江戸時代、末期に群馬県前橋が焼きまんじゅうの有力な発祥地とされている。

店内はたくさんの賞状が飾られていて、スタッフの紹介などもありました。イートインがあり、そこで賑わっていたそうですが、コロナの影響で現在は行っておりません。

住所 群馬県太田市金山町13-1
営業時間 9:30〜17:00
駐車場 お店の目の前にあります。

メニュー
焼きまんじゅう
呑龍まんじゅう
呑龍最中
金山松茸最中

お取り寄せもできるそうです!

焼きまんじゅう

価格 200円
皮はカリッと、中はふわっふわっして非常に柔らかいです。甘じょっぱいタレなんだけど甘すぎずあっさりして口当たりがいいです。タレの香ばしい匂いの中にさらに炭のほのかな香りもたまりません。

ふわふわ食感の秘訣は、代々受け継がれている「秘伝の麹」だそう。添加物は一切入っておらずその麹による生地の柔らかさと自家製「麹」で自然な甘さを引き出している。タレの配合の理想を極めて、代々研究されてきた店の味となっています。店頭には各地の人々がひっきりなしに訪れる。

まとめ

山田屋の焼きまんじゅういかがったでしょうか?タレの匂いが食欲そそる、カリッ、ふわっ、触感が美味しい。代々受け継がれてきた奥深いタレの味を一度味わってほしいです!呑龍様のお参りの後や新田金山城の散策のおやつに最適。群馬のソールフードと呼ばれる上州焼きまんじゅう。ぜひ、群馬県にお立ち寄りの際は食べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました