群馬県 グルメ おすすめお弁当 「鳥めし 登利平」

グルメ

群馬に愛されるお弁当屋さん「登利平」。群馬県民なら一度は食べたことあるお弁当の一つです。大体の学校行事や部活などで選ばれるお弁当といえば登利平だったのではないでしょうか?(筆者の偏見です)懐かしいです。とても美味しいので大人になった今でもよく買っています。
今回は懐かしの「鳥めし 登利平」のお弁当をご紹介します。

上州御用 鳥めし 登利平

創業40年以上の歴史のある「登利平」。本社は群馬県前橋市にあり、元々はお弁当ではなく小料理店として営業していました。特に人気の「鳥重」は鶏肉が薄くスライスされており、秘伝のタレは絶妙です。たくさんの人気とリクエストがあったことにより多くの人に召し上がってほしいという思いからお弁当ができました。現在では群馬県内に26店、埼玉県内に4店、栃木県内に1店の合計31店あります。

群馬県 太田店

ちなみに会社の由来は

「顧客の利益」「社員の利益」「会社の利益」この3者の利益が平等に登っていく、そんな意味を込めて社名「登利平」と致しました。

引用元:登利平公式ホームページより

お持ち帰りメニュー

  • 鳥めし竹弁当 730円
  • 鳥めし松弁当 830円
  • 鳥串弁当 880円
  • ソースかつ弁当 880円
  • 特選ソースかつ弁当 950円
  • から揚げ弁当 880円
  • 鳥追い弁当 880円
  • うなぎ弁当 1700円
  • うなとり弁当 2100円
  • もも串 140円
  • ねぎもも串 140円
  • レバー串 140円
  • 皮串 140円

その他に予約お弁当もあります。

お弁当

今回は「鳥めし 竹弁当」とやきとり「もも串とレバー串」と購入しました。

  • 鳥めし 竹弁当 730円
    もも串 140円
  • レバー串 140円


実はこの登利平のパッケージや器にも特徴があります。器は女性や子供の小さい手でも片手で持って食べやすい大きさで、軽くて保温性が高いものになっています。パッケージは、上州の上毛三山をイメージしているそうです。
参考:登利平公式ホームページより

びっしり詰まった鶏肉。この下には40年以上の歴史があるタレのかかったご飯も絶妙です。お新香のたくあんときゅうりと梅干も美味しいです。

この薄くスライスされた鶏肉が歯ごたえがありつつ、脂身が少なて食べやすい。鶏肉とタレの相性も抜群。焼き鳥についてくる秘伝のタレを少しかけて食べるとさらに美味しくなります。

登利平はお弁当だけでなく、焼き鳥もテイクアウトできます。薄くスライスされたお弁当の鳥とはまた違う味わいを楽しめます。今回はもも串とレバー串を食べました。もちろん、焼き鳥になっても美味しいことには変わりなかったです。

まとめ

40年以上の歴史あり、昔から愛されるお弁当「鳥めし 登利平」味だけでなく、器やパッケージにも思いとこだわりがありました!写真じゃ伝わりづらい部分もあったと思いますが、とても美味しいです。薄くスライスされた鶏肉に、歴史の詰まった秘伝のタレ。お持ち帰りだけではなく、ショッピングモールの中や、レストランとして来店できるところもあるのでぜひ、群馬県来た際は食べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました