明日から語れるマイケルジャクソンの秘密 第二弾

雑記

今回は前回に引き続き第二弾となっています。
前回の記事を見逃した方はこちらから↓

明日から語れるマイケルジャクソンの秘密 第一弾
たくさんの伝説をつくってきたマイケル・ジャクソン。2009年6月25日に逝去したマイケル。KING OF POPの異名でもっとも有名な歌手。マイケル・ジャクソンの伝説は永遠に語り継がれる。そんなマイケルの秘密を今回はご紹介。「これ知ってる...


たくさんの伝説をつくってきたマイケル・ジャクソン。2009年6月25日に逝去したマイケル。KING OF POPの異名でもっとも有名な歌手。マイケル・ジャクソンの伝説は永遠に語り継がれる。そんなマイケルの秘密を今回はご紹介。「これ知ってる!」「へ~そうなんだ!」と思わず声が出てしまう内容満載。

マイケル・ジャクソン

1958年8月29日に生まれ。1963年(当時5才)兄弟5人で「ジャクソン5」を結成。「スリラー」「BAD」とモンスター・ヒットを連発。「キングオブポップ」として世界のポピュラー・ミュージック・シーンの頂点に君臨した。2009年6月25日、享年50歳で急逝。死後も人気は衰えていない。

スムーズ・クリミナル

出典:Amazon

45度傾くダンスパフォーマンス”アンチ・グラビティ”は世界中に衝撃を与えた。同作の振付師によると、鏡の前で練習を続け、休憩を促されると、「完璧になるまで続けたいんだ」と答え、4時間休むことなく踊り続けたという。重力を無視した不思議なダンス。実は靴に仕掛けがされており、ライブの時はステージに溝がありそこに靴をはめてパフォーマンスをしています。ただマイケルが準備をしている際は花火を持ったダンサーが現れそっちに気を向かせ、その最中にセットを行っていたそうです。
ちなみに「スムーズ・クリミナル」はライブのダンサーを決めるオーデションの課題曲で、高難易度のダンスでダンサーを見極めていました。

ダーティ・ダイアナ

出典:Amazon

マイケルには珍しくダンスパフォーマンスを封印したライブ風演出の作品となっています。直訳すると「ダーティ・ダイアナ」=「汚れたダイアナ」。当時ダイアナ妃、ダイアナ・ロスが有名で❝ダーティ❞は❝最悪な❞感じなので話題になっていました。
イギリスでライブをやる際にダイアナ妃とチャールズ皇太子が観に来てマイケルが挨拶をしに行った際に
ダイアナ妃 「ダーティ・ダイアナはやるのですか?」
マイケル  「失礼なのでやらないです」
ダイアナ妃 「私大好きなのに!なんであの歌やってくれないんですか?」
となり歌うことになったそうです。

ブラック・オア・ホワイト

出典:Amazon

MVの後半に登場する様々な人の顔が瞬時に変化する❝モーフィング❞は当時の最新技術でした。この曲中のモーフィングの中に一人だけ日本人の方がいたのはご存じですか?ユーコ・スミダ・ジャクソンさんという方です。マイケルのワールドツアーに帯同した経験のあるこの頃日本人で唯一のダンサーです。

リメンバー・ザ・タイム

出典:Amazon

1992年リリースされたこの曲はNBAのスーパースターが出演し話題になった曲です。それが「マジック・ジョンソン」です。さらにMV内では「エディ・マーフィ」にデヴィッド・ボウイの奥さんの「イマン」も出演しています。エディ・マーフィとは一緒に曲を作ったこともある。

JAM

出典:Amazon

この曲もNBAのスターがMV出演しています。それが「マイケル・ジョーダン」。そもそもジョーダンは元々「リメンバー・ザ・タイム」のオファーを受けたが予定が合わず「JAM」に出演することに。途中にはマイケルがジョーダンに「ムーンウォーク」を教えるところもあり面白いです。

デンジャラス・ワールド・ツアーinブカレスト

出典:Amazon

このライブはオープニングシーンが伝説となりました。登場したマイケルが1分36秒もまっっっっっく動かず会場が興奮状態になりました。歓喜と涙で中にはまだ始まっていないのに興奮しすぎて失神者が続出しました。ライブ会場となったブカレストは冷戦終了直後で、まだ安定していない時期でした。ライブで使用する電力が足りず、マイケルが来るから我慢しようと町の人が電気の使用を控えなんとかライブ用の電力を確保した。

スクリーム

出典:Amazon

妹のジャネットジャクソンとの13年ぶりの共演。MVでは日本のアニメが使用されている。
なぜか「バビル二世」「赤い光弾ジリオン」「AKIRA」などが断片的にしようされている。
このMVには巨額な制作費がつぎ込まれており、一説によると5億円以上と言われています。「史上もっとも費用のかかったMV」としてギネス認定されている。

ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス

出典:Amazon

MVの演出が暴力的として論争を巻き起こした一曲。そのためMVが2パターン存在する。一つはマイケルが刑務所の中で歌うプリズンバージョン。演出が過激すぎてアメリカでは放送されなかったそうです。そのためブラジルの子供と遊んだり、太鼓で演奏したりするブラジルバージョンもあります。さらにこの曲は「クイーン」の影響を受けた曲となっております。クイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のイントロと雰囲気が似ています。ドラムとヴォーカルだけで構成された感じがクイーンを感じさせます。

ゴースト

出典:Amazon

幻のMVと言われている。完全版は40分にも及ぶ超大作!まさに短編映画のクオリティ。ストーリーはある普通の村に住む住人が、どこか変わったお城に住む変人を追い出そうとする話。その追い出されるマイケルとまったく違う姿をした追い出す太った白人のおじさんの役もマイケル自信がやっています。えっ?となる方がいると思いますが、特殊メイクでおじさんを演じています。演出だけなくやはりダンスもクオリティが高いです。「スリラー」に次ぐ素晴らしい作品です。

まとめ

今回第二弾としてご紹介してきましたが、みなさんがきっと一度は耳にしたことがある話もあるでしょう。
世界に愛されるアーティストはエピソードも強烈なものがたくさんありました。クイーンやマイケルジョーダンにダイアナ妃まで。
カッコよくて、ダンスが上手いだけではないですね。知れば知るほど好きになる!
エピソードだけでなく、ぜひ改めて楽曲を聴いてみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. […] 明日から語れるマイケルジャクソンの秘密 第二弾 今回は前回に引き続き… Uncategorized シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー ember127をフォローする ember127 Fun-Found […]

タイトルとURLをコピーしました