ネコノヒーだけじゃない!イラストレーター キューライスのおすすめ作品

Uncategorized

今回は前回紹介させてもらった「ネコノヒー」の作者の方です。色使いがとても綺麗で夜であったり影の表現が細かく表現されるイラストレーターです。そしてどことなく共感を得たり、また見たくなる漫画のストーリーにも注目です。その中の作品を少しご紹介したいと思います。

ネコノヒーの記事はこちら↓

今一番残念なネコ ネコノヒー
残念だけど癒される今一番気になるネコ!知らない方はぜひ。

キューライスさんについて

栃木県出身のフリーランスの漫画家、イラストレーター、絵本作家、アニメーション作家です。主な作品は、「ネコノヒー」、「スキウサギ」、「チベットスナギツネの砂岡さん」、「悲熊」、絵本「ちきゅうちゃん」、「ドン・ウッサ そらをとぶ」など。料理好きでよくお弁当が載っていたり、レシピも載せることも。水彩画の絵はとても綺麗で色鮮やかな作品がたくさんあります。

作品

ネコノヒー

言わずもがな、キューライスさんの代表作の一つです。筆者はこの作品を読んでキューライスさんを好きになりました。人間の生活をするネコが一生懸命生きる漫画です。一生懸命生きているけどたくさん残念なことがあります。「あ~それある~」みたいな日常が描かれています。だけどそこが愛らしく、ネコノヒーの良さでもあります。残念なものだけでなくウサギの「テテーン」と楽しく暮らす様子は癒されること間違いなしです。

出典:instagram/qris_sukiusagi

ネコノヒー 1-3巻 新品セット セット買い

スキウサギ

作者であるキューライスさんと一緒に暮らすウサギの物語。いつもキューさんに迷惑をかけてしまうスキウサギ。だけど、たまには気が利いたり優しい面も。独特な喋り方も魅力の一つです。好奇心旺盛、自由気まま、ウザいがキャッチフレーズ。こんなウサギがいたら毎日楽しいかも?キューさんとの会話は爆笑間違いなし。

出典:instagram/qris_sukiusagi

スキウサギ 1-4巻 新品セット セット買い

悲熊

悲しい熊と書いて「ひぐま」。ですが、悲しいからこそたくさんの幸せを知っています。少ないお金と小さな幸せで生きる熊はけなげでかわいいです。いつも優しく見守る栗林さんとのやり取りも見逃せません。最近では、ジャニーズWESTの重岡大毅さんがNHKでミニドラマの実写をやりました。小さな小さな幸せを体いっぱい喜べる悲熊が、あなたに大切なものを教えてくれること間違いなし。

出典:instagram/qris_sukiusagi

悲熊 1 (LINEコミックス) (日本語) 単行本 – 2020/10/15

チベットスナギツネの砂岡さん

本物のチベットスナギツネにそっくりな砂岡さん。見た目は少し怖い砂岡さん。だけど本当は優しい。言葉はありませんが、沈黙でも伝わってくる優しさ。お父さんが一生懸命、苦悩しながらわが子を育てる姿は心惹かれます。読んでいて泣きそうになることも…家族愛を感じること間違いなし。

出典:instagram/qris_sukiusagi

チベットスナギツネの砂岡さん 1-2巻 新品セット セット買い

まとめ

まだまだ紹介しきれないほどいい作品がいっぱいです。他にはいろいろなアニメや映画の作品の一部をオマージュして描かれていて「フッ」と思わず笑ってしまうものも。最初にも説明しましたが、漫画や絵本がおもしろいだけでなく、一つ一つ丁寧に描かれたものは色鮮やかで綺麗です。色使いにも注目するとより楽しめると思います。疲れた体を癒してくれる作品ばかりであなたもファンになること間違いなし!
ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました